コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安達藤九郎 あだちとうくろう

世界大百科事典内の安達藤九郎の言及

【安達盛長】より

…鎌倉前期の武将。武蔵国の豪族足立氏の一族か。《尊卑分脈》によれば藤原姓小野田三郎兼盛の子。藤九郎と称す。源頼朝の乳母比企尼の女婿で頼朝の流人時代より彼の側近となる。1180年(治承4)の頼朝挙兵の際には源家譜代家人の招致に力があった。頼朝の信任をうけ,元暦ごろから上野国奉行人として国衙在庁に代わって国内公領の収税事務を管轄し,平氏追討には従軍せずもっぱら東国において幕府の基盤整備を行ったようである。…

※「安達藤九郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android