宗教結社(読み)しゅうきょうけっしゃ

世界大百科事典内の宗教結社の言及

【宗教団体法】より

…宗教団体法の成立は,〈国民精神ノ作興ハ宗教ノ健全ナル発達ニ俟ツ所頗ル大〉と提案理由で述べているごとく,国民精神総動員体制の強化をめざしたものである。 法律は宗教団体と宗教結社に適用された。神社は〈宗教に非ず〉として法の範囲外に置かれていた。…

※「宗教結社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android