コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定点観測船 ていてんかんそくせん

大辞林 第三版の解説

ていてんかんそくせん【定点観測船】

洋上の定点を漂泊しながら気象・海洋観測をした船。日本は T 点において、夏期のみ行なっていたが、1982年(昭和57)廃止。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の定点観測船の言及

【ブイロボット】より

…従来,海洋気象の観測は船舶によって行われており,通航する船舶は,風向,風速,気温,気圧,水温,目視観測による雲や波浪など気象情報を定時に通報する慣例である。しかし,これだけでは海域が限られ,悪天候時の資料が得られないなどのため,1950年代には,北大西洋の9点と北太平洋の4点で定点観測船による海上気象観測,高層観測,海洋観測を各国が分担して行っていた。日本は1947年から54年まで北方定点X(北緯39゜,東経153゜)を,そして1948年から南方定点T(北緯29゜,東経135゜)を担当していた。…

※「定点観測船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

定点観測船の関連キーワード地球大気開発計画沿岸定置観測ブイロボット海洋観測定点観測気象洋上定点夏期廃止

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android