客戸税銭(読み)かくこぜいせん

世界大百科事典内の客戸税銭の言及

【宇文融】より

…721年(開元9),増大する逃戸を摘発して租庸調などの減収を防ぐ括戸政策を提案,みずから使職を帯びて実行に当たった。令制に規定する本籍地主義を建前としつつ,実際には客戸の現住を認め,全国80余万の客戸から数百万銭の客戸税銭を徴収して財政を補強した。このため玄宗の信任を得たが,政敵の告発により配流され,広州で死んだ。…

※「客戸税銭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android