コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮川春水 みやがわ しゅんすい

朝日日本歴史人物事典の解説

宮川春水

生年:生没年不詳
江戸中期の浮世絵師で,俗称は藤四郎勝川,あるいは勝宮川とも。江戸の深川,のち芳町に住んだと伝える。宮川長春門人で,師同様に肉筆美人画の制作を中心に活動し,地味な作風を旨とする。作画期は寛保(1741~44)ごろから明和期(1764~72)までだが,宝暦(1751~64)末から明和はじめにかけて,版刻武者絵本を若干例手がけている。

(内藤正人)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の宮川春水の言及

【宮川長春】より

…江戸中期の浮世絵師。宮川派,勝川派の始祖。肉筆画を専門とし,版画は作らなかった。尾張国宮川村の出身と伝えるが明らかではない。通称を長左衛門といい,春旭堂と号して,はじめ両国広小路に住し,のち芝新堀町に移った。絵は菱川師宣の作風を慕い,懐月堂の美人画風にも影響されて,浮世絵肉筆画の正統を継承した。遊里と芝居町を中心に,江戸の市民風俗をいきいきと報告した作品は,掛幅や画巻をはじめ屛風画の大作にいたるまで数多く残っている。…

※「宮川春水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宮川春水の関連キーワード勝川春章勝川春水宮川派

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android