コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宴の松原 えんのまつばら

世界大百科事典内の宴の松原の言及

【武徳殿】より

…武徳殿の東側の広場が馬場で,南北方向の2列の柵による埒(らち)を設け,その中で騎射や競馬を行った。武徳殿から内裏中重までは宮内で最も広い空閑地で,その東部は〈宴(えん)(または縁)の松原〉と称する松林となっていた。975年(天延3)2月武徳殿は焼亡するが,986年(寛和2)5月までに再建された。…

【平安宮】より

…すなわちこれらによって平面構成は,その北辺が京域の北極大路に接する,いわゆる北闕(ほつけつ)型と考えられてきたが,近時の研究により,当初の宮城(第1次平安宮)は,その北辺と北極大路との間に2丁の空間をもつ,いわゆる藤原京型であったこと,それが9世紀の末,大蔵倉庫群の整備のため北へ2丁拡大延長されて北闕型(第2次平安宮)となり,その際宮城門も上東,上西の2門が設けられ14門となったこと,などが指摘されている。 内裏については,平安宮独自のものとして,その西方に〈宴(えん)の松原〉と呼ばれる一定の空間があった。饗宴のための広場とも,内裏を建て替えるときのための余地とも考えられるが,ともにその事実がなく,明らかでない。…

※「宴の松原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone