コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家庭児童相談室 かていじどうそうだんしつ

大辞林 第三版の解説

かていじどうそうだんしつ【家庭児童相談室】

家庭における児童の健全な養育・福祉の向上を目的に、福祉事務所に設置された相談所。社会福祉主事と家庭児童相談員が指導にあたる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の家庭児童相談室の言及

【福祉事務所】より

…社会福祉事業法にもとづき,〈福祉に関する事務所〉として設けられたもので,同法13条によると,都道府県,指定都市および特別区は,その区域に福祉地区を設け,その地区ごとに,またその他の市はその区域ごとに〈福祉に関する事務所〉(福祉事務所と通称)の設置を義務づけられている。これに対して町村は任意設置とされている。市の設置する福祉事務所は社会福祉6法(生活保護法,児童福祉法,身体障害者福祉法,精神薄弱者福祉法,老人福祉法,母子寡婦福祉法)に定められた援護,育成または更生の措置に関する事務を所掌することとされている。…

※「家庭児童相談室」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

家庭児童相談室の関連キーワード社会福祉主事福祉事務所養育

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android