コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家族主義的国家観 かぞくしゅぎてきこっかかん

世界大百科事典内の家族主義的国家観の言及

【家族主義】より

…ひいては近世日本や近代日本の庶民社会をまで,こうしたイデオロギーで説明して日本民族の伝統を超歴史的に固定し,矮小化し,欧米近代文化に対する劣等感をもたらし,欧米思想中心主義的知識層の優越感を助長し,歴史的現実の科学的な認識をあやまらせる。 天皇を家長にたとえ国民社会を一大家族に擬する家族主義的国家観は,国家と国民社会を混同し同一視させる企てであったが,近代日本支配層のこのような企図は必ずしも成功しなかっただけでなく,近代日本の国家主義は十五年戦争とその悲惨な結末をもたらした。これに対して,経営家族主義は,中小零細企業=家業経営における家の原則を初期の資本主義的大企業経営に応用して成果をあげ,近代日本における産業化を支える一要因となり,第2次大戦後の経済高度成長期に入るまでの基盤ともなった。…

※「家族主義的国家観」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone