コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿屋飯盛 やどやの めしもり

美術人名辞典の解説

宿屋飯盛

→石川雅望

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

宿屋飯盛【やどやのめしもり】

石川雅望(まさもち)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

やどやのめしもり【宿屋飯盛】

石川雅望いしかわまさもちの狂号。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宿屋飯盛
やどやのめしもり

石川雅望」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宿屋飯盛
やどやのめしもり

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宿屋飯盛の言及

【石川雅望】より

…通称糠屋七兵衛,のち中村屋五郎兵衛。号は宿屋飯盛(やどやのめしもり),六樹園,蛾術斎,五老翁,五老山人など。家業は旅籠屋。…

【狂歌】より

唐衣橘洲(からごろもきつしゆう),四方赤良(よものあから),朱楽菅江(あけらかんこう),元木網(もとのもくあみ),平秩東作(へずつとうさく),智恵内子(ちえのないし)らはその錚々たる者で,豊かな趣味教養と軽妙洒脱な機知とを併せもつ人々である。これに次ぐ江戸狂歌の第二世代として宿屋飯盛,鹿都部真顔(しかつべのまがお),頭光(つぶりひかる),馬場金埒の狂歌四天王があり,なかでも天明調の純正狂歌を主張する飯盛と,優美高尚な狂歌を主張して〈俳諧歌〉と称した真顔は,文政(1818‐30)に至るまで長くライバルとして活躍した。文政以後は芍薬亭長根,文々舎蟹子丸らが活躍した。…

【鹿都部真顔】より

…狂歌四天王の一人。天明狂歌の第二世代として宿屋飯盛(石川雅望)と双璧をなすが,純粋天明調を首唱する飯盛に対し,狂歌を優美高尚なものにしようとして俳諧歌と呼んだ。《狂歌数寄屋風呂》《どうれ百首》など編著も多い。…

※「宿屋飯盛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

宿屋飯盛の関連キーワード桃華園三千麿下駄屋甚兵衛奈万須盛方大般若腹満聴風軒草浪福廼屋内成松花堂俊経鹿都部真顔鹿津部真顔桑楊庵光柳亭種彦銭屋金埒蘭薫亭薫佐屋裏襟門田稲葉栴檀二葉蘭渓亭泉全亭正直武居世平石川豊信

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宿屋飯盛の関連情報