寧王女(読み)ねいおうじょ

世界大百科事典内の寧王女の言及

【椿説弓張月】より

…白縫姫の犠牲死,舜天丸との生別をはさんだ琉球での為朝の活躍はことに生彩を放つ。尚寧王の治下にあった琉球は,寵妃中婦君,奸臣利勇らによって亡国の寸前にあり,王の後嗣寧王女は生命も危うかった。為朝はわずかに残る毛国鼎らの忠臣を助け,白縫姫の霊と合体した寧王女と夫婦となり,琉球王国の再建に武勇を発揮するが,それも突如出現した妖仙人濛雲(もううん)国師の超絶的な魔力に克つことができない。…

※「寧王女」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android