コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対戦車地雷 たいせんしゃじらいanti-tank mine

1件 の用語解説(対戦車地雷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対戦車地雷
たいせんしゃじらい
anti-tank mine

一般には,「戦車などの破壊のため,地上または地面下に設置できるように爆薬などを容器に詰めた地雷」と理解されている。 1960年代以降,装軌車両を多用する戦闘方法が発達したため,この対抗手段として対戦車地雷の有効性が再認識されるようになり,地雷の威力および有効範囲いずれにおいても格段に進歩した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の対戦車地雷の言及

【地雷】より

…信管は車両,人員の踏圧に感応する圧力式が多いが,音響,磁気,振動等に感応するものなど多様である。 地雷は対戦車地雷と対人地雷に大別できる。対戦車地雷の爆薬量は対人地雷より多く,信管は車両等には感応するが人員の踏圧には感応しないものを用いる。…

※「対戦車地雷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

対戦車地雷の関連情報