コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

封鎖預金 ふうさよきん

1件 の用語解説(封鎖預金の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ふうさよきん【封鎖預金】

法令などにより引き出しが禁止された預金。 → 金融緊急措置令

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の封鎖預金の言及

【金融緊急措置令】より

… この措置によって通貨は一挙に75%も収縮し(2月16日の日銀券615億円から3月12日の152億円へ),金融機関は預金引出しの制限と預入れ増加により危機を脱し,インフレーションも一時小康をえた。しかし,封鎖預金はぬけ穴を通じて引き出されたほか,封鎖預金自体も預金通貨として購買力化されたうえ,赤字財政も継続したため,結局,この政策は短期間で失敗し,ふたたびインフレーションは高進していった。なお,措置令にもとづき47年3月金融機関資金融通準則が出されたので,措置令そのものは63年まで存続した。…

※「封鎖預金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone