コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小瀬川 おぜがわ

1件 の用語解説(小瀬川の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕小瀬川(おぜがわ)


広島県南西部から広島・山口県境を流れる川。両県境にある鬼ヶ城(おにがじょう)山の北東方、飯山(いいやま)貯水池に源を発し、山間を南流して広島湾に注ぐ。1級河川(小瀬川水系)。延長59km。流域面積342km2。江戸時代から周防(すおう)(山口県)と安芸(あき)(広島県)の国境とされた。下流に弥栄(やさか)ダム(弥栄湖)がある。木野(この)川とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小瀬川の言及

【大竹[市]】より

…化学繊維,紙・パルプ,石油化学工業を中心とする大企業が小瀬(おぜ)(木野(この))川三角州の新開地に立地し,山口県岩国市と連なって広島湾岸工業地域の一角をなす。市域西部は400~600mの丘陵性山地で,そこから流れ出す小瀬川の谷口に古い市街地がある。大竹の名は《続日本紀》天平6年(734)9月16日条に初出,大滝とも書く。…

【和木[町]】より

…人口6959(1995)。広島県との境をなす小瀬川の河口部に位置し,北を広島県大竹市,三方を岩国市に囲まれ,東の一部がわずかに瀬戸内海に面する。近世には岩国藩領で,河口部の干潟や山野の境界,入会権をめぐって,境を接する広島藩領大竹村とはしばしば紛争が生じた。…

※「小瀬川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小瀬川の関連キーワード寂地山道志川広島平野大竹廿日市広島菜広島パルコ大竹[市]国道2号高架道路延伸事業正岡国男

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小瀬川の関連情報