コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小碓命 おうすのみこと

世界大百科事典内の小碓命の言及

【熊襲魁帥】より

…後者は前者を説話的に典型化したものである。《古事記》によれば父の景行天皇より熊曾建の討伐を命じられた小碓(おうす)命は童女に変装して宴の席の建兄弟に近づき,つぎつぎに2人を殺したが,弟を刺したときその勇猛さを讃えられて〈倭建(やまとたける)〉の名を献じられ,爾後小碓はその名を名乗るようになったという(日本武(やまとたける)尊)。なお,〈熊襲〉は片隅を意味する〈くま(隈)〉と不毛を意味する〈そ(背)〉を合した名で,東方の蝦夷(えみし)に対する西方の蛮夷への大和朝廷側の蔑称とみなされる。…

【日本武尊】より

…記では倭建命と記す。景行天皇の第3皇子,母は播磨稲日大郎姫(はりまのいなびのおおいらつめ)とされ,幼名に小碓(おうす)命,倭男具那(やまとおぐな)王がある。年少にして勇武人にすぐれ,諸方の平定に派遣されて日本武尊の名を得るが,長途の征旅,漂泊の末に力尽きて倒れる悲劇的人物として描き出されている。…

※「小碓命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小碓命の関連キーワード日本武尊・倭建命日本武尊櫛角別王熊曾建童男

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小碓命の関連情報