小西寿徳(読み)こにしじゅとく

世界大百科事典内の小西寿徳の言及

【小西隆佐】より

…戦国,安土桃山時代の堺の豪商。キリシタン。幼名弥九郎,別称寿徳,受洗名ジョーシン。小西如清,行長の父。日明貿易に従事して唐物薬種商を営んだ小西党一族。1560年(永禄3)受洗。豊臣秀吉にその理財の才をかわれ〈財宝一切〉の管理を任され(1583年イエズス会日本年報),河内・和泉の蔵入地を支配。86年(天正14)石田三成とともに堺政所に就任,島津攻略には軍需品調達にあたる。【谷 直樹】…

※「小西寿徳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android