コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屈斜路カルデラ くっしゃろカルデラ

1件 の用語解説(屈斜路カルデラの意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕屈斜路カルデラ(くっしゃろカルデラ)


北海道東部、川上(かわかみ)郡北部にある火山陥没地形。東西約26km、南北約20kmは、阿蘇(あそ)カルデラに次ぎ日本第2の規模。複数の成層火山が約180万年前の更新世(こうしんせい)初期から中期に噴火し、約3万3000年前に大陥没して形成された。屈斜路湖は初期の火口原湖で、東岸にアトサヌプリ(硫黄(いおう)山、標高508m)など中央火口丘をなす火山群がある。東部の摩周(ましゅう)湖はカルデラ壁に噴出した側火山(そくかざん)が6000年以上前に陥没してできた火口原湖。外輪山の稜線の内側などが阿寒(あかん)国立公園に含まれる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の屈斜路カルデラの言及

【屈斜路湖】より

…〈くっちゃろこ〉とも呼ぶ。東西26km,南北20kmのほぼ円形をなす世界有数の屈斜路カルデラの中にある。面積79.7km2,周囲57km,湖面標高121m,最大水深117.5m,透明度20m。…

※「屈斜路カルデラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

屈斜路カルデラの関連キーワード上川北海道東方沖地震釧路道東川上峡杉の湯 川上川上渭白川上閑雪(2)川上静庵川上老

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

屈斜路カルデラの関連情報