山入氏(読み)やまいりうじ

世界大百科事典内の山入氏の言及

【佐竹氏】より

…しかし守護になってもその権限の行使は実質上常陸北東部に限られ,吉田,行方,鹿島,真壁,南郡の5郡については大掾氏が権限を握っていた。南北朝・室町時代,佐竹惣領家から多くの庶子家が分かれて独立したが,1407年(応永14)には有力な一族山入氏が宗家に背き,惣領・庶子家の争いは15世紀中つづいた。そして1500年(明応9)には山入氏が宗家の義舜を居城太田城から金砂の山奥に追いつめた。…

※「山入氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android