コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩戸辛子 いわとがらし

世界大百科事典内の岩戸辛子の言及

【筑前国】より

…18世紀後半以降,農村で特産物の生産が進んだ。南部の上座(じようざ)・下座(げざ)地方で始まった辛子(からし)(菜種)の栽培が全域に広がり,福岡周辺産は岩戸辛子として大坂で声価を高めた。櫨(はぜ)の栽培,蠟の生産が進んだのもこのころで,やや遅れて石炭の採掘が遠賀川流域で盛んとなった。…

※「岩戸辛子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android