コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩波曾良 いわなみそら

世界大百科事典内の岩波曾良の言及

【曾良】より

…江戸前期の俳人。姓は岩波,名は正字(まさたか),通称は庄右衛門。《おくのほそ道》には河合惣五郎という名を記す。信濃国上諏訪の人。若くして伊勢長島藩に仕える。延宝年間(1673‐81)に江戸に出,1683年(天和3)夏ころ芭蕉に入門。85年(貞享2)秋ころ致仕し,深川に住んだ。87年の“鹿島詣”,89年(元禄2)の“おくのほそ道”の旅で芭蕉に随行した。また,吉川惟足に神道を学んだともいう。巡回使に従って旅の途中,壱岐勝本で客死。…

※「岩波曾良」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android