岩石柱(読み)がんせきちゅう

世界大百科事典内の岩石柱の言及

【サボテン】より

…以下,ハシラサボテン類のおもなものについて述べる。まず,この仲間には最大のサボテンで西部劇でなじみの深いベンケイチュウ(弁慶柱)Carnegiea gigantea (Eng.) Br.et R.(英名saguaro,最高記録26.1m,果実は食用になる(イラスト))のほか,大型種としてメキシコのレマイレオケレウス属Lemaireocereus,パキケレウス属Pachycereus,中南米のケレウス属Cereus(キメンカク(鬼面角)C.peruvianus Mill.が代表的なもので,その園芸品種である岩石柱(イラスト)は日本においても暖地の露地で栽培されている),ペルーのネオライモンディア属Neoraimondiaなどがある。メキシコのオキナマル(翁丸)Cephalocereus senilis (Haw.) Pfeiff.(イラスト)や南アメリカのオイラク(老楽)Espostoa lanata Br.et R.は白毛が密生し,毛柱類(けばしらるい)の名がある。…

※「岩石柱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android