岳南自由党(読み)がくなんじゆうとう

世界大百科事典内の岳南自由党の言及

【静岡事件】より

…1883‐84年,松方デフレ政策によって農村は窮乏化し,静岡県下でも借金党を中心とする農民騒擾(そうじよう)が頻発した。こうしたなかで,1882年結成の岳南自由党(静岡中心),遠陽自由党(浜松中心)の党員たちはしだいに急進的傾向を強め,挙兵による政府転覆を計画。他地方の激化事件関係者らと連動して一斉蜂起を策したともいわれる。…

※「岳南自由党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android