崖葬墓(読み)がいそうぼ

世界大百科事典内の崖葬墓の言及

【岩陰遺跡】より

…縄文時代草創期や早期に居住地とされているが,前期以降では狩猟のための一時的な仮泊地あるいは墓地などの利用例がある。さらに群馬県岩櫃山遺跡などの東日本における弥生時代の墳墓,福岡県沖島遺跡などの古墳時代や奈良時代の祭祀関係遺跡,中世の仏教関係遺跡,南西諸島にみられる歴史時代の崖葬墓(再葬墓)などの特殊なものもある。【小林 達雄】。…

※「崖葬墓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android