コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巌頭之感 がんとうのかん

世界大百科事典内の巌頭之感の言及

【藤村操】より

…東洋史家那珂通世の甥。滝上のナラの木に〈巌頭之感〉の題下〈万有の真相は唯だ一言にして悉す曰く不可解我この恨を懐いて煩悶終に死を決するに至る〉と遺書した。文明,国家,立身出世主義に背を向け新しい人生価値を求めての煩悶自殺で,当時の社会に強い衝撃を与え,多くの追随青年を出したほか,個我中心の新思潮を促す一因をなした。…

※「巌頭之感」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

巌頭之感の関連キーワード華厳滝投身事件藤村 操藤村操

巌頭之感の関連情報