コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨視的状態量 きょしてきじょうたいりょう

世界大百科事典内の巨視的状態量の言及

【神経系】より

…他の一つは,できるだけ単純な神経細胞モデルを用い,それらが多数ランダムに結合した神経回路を対象とするものである。そこでは,個々の細胞の動作は問題とせず,神経回路全体の動作を表す量(これを巨視的状態量と呼ぶ。たとえば平均活動度)をとりあげる。…

※「巨視的状態量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報