コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巫俗 ふぞく

大辞林 第三版の解説

ふぞく【巫俗】

朝鮮の民間信仰。職業的宗教者(多くは女性)がクッと呼ばれる祭儀をつかさどり、激しい歌舞の中で憑依ひようい状態となり神託を宣べる。北東シベリアのシャーマニズムと強い結びつきをもつ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の巫俗の言及

【朝鮮】より

…穀物を入れた壺にワラをかぶせる)や財運の神のオプŏp(蛇と考えられる)がまつられる。成主,祖先,基主などが穀物を入れた壺(春秋に入れ替える)の形でまつられていることは,古い農耕豊穣神とのつながりを思わせるものであり,部落祭や巫俗(後述)とともに朝鮮の基層文化に属するものである。これら一連の家の神々は,主として家の主婦がまつるものである。…

※「巫俗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

巫俗の関連キーワードコクトゥカクシノルムシャーマニズム赤松 智城ムーダン秋葉 隆朝鮮神話パンソリ日本演劇中国音楽朝鮮民族朝鮮舞踊生駒山地サルプリ赤松智城シナウイ民間信仰シナウィ秋葉隆李良枝李能和