コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

干渉性 カンショウセイ

世界大百科事典内の干渉性の言及

【干渉】より

…干渉縞を生じない場合二つの光はインコヒーレントincoherent(不可干渉)であるといい,一方,干渉縞を作るときはコヒーレントcoherent(可干渉)という。また後者の性質をコヒーレンスcoherence(可干渉性,あるいは干渉性)と呼ぶ。光が干渉することは光波の基本性質であるから,すべての光は干渉しなければならないのに,干渉する光とか干渉しない光とかいうのはおかしい。…

※「干渉性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

干渉性の関連キーワードグラウバー(Roy J. Glauber)ホール(John L. Hall)メゾスコピック・エレクトロニクススペクトラム拡散通信方式デバイ‐ジョーンシイ散乱光インターコネクションヘリウムネオンレーザー電子線ホログラフィー量子エレクトロニクス光エレクトロニクスコヒーレント光通信超長基線電波干渉計インコヒーレンスロイ グラウバー重ね合せの原理ホログラフィー自動利得制御コヒーレント気体レーザー干渉(波)

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

干渉性の関連情報