コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

干渉性 カンショウセイ

世界大百科事典内の干渉性の言及

【干渉】より

…干渉縞を生じない場合二つの光はインコヒーレントincoherent(不可干渉)であるといい,一方,干渉縞を作るときはコヒーレントcoherent(可干渉)という。また後者の性質をコヒーレンスcoherence(可干渉性,あるいは干渉性)と呼ぶ。光が干渉することは光波の基本性質であるから,すべての光は干渉しなければならないのに,干渉する光とか干渉しない光とかいうのはおかしい。…

※「干渉性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

干渉性の関連キーワードグラウバー(Roy J. Glauber)ホール(John L. Hall)メゾスコピック・エレクトロニクスデバイ‐ジョーンシイ散乱スペクトラム拡散通信方式ヘリウムネオンレーザー光インターコネクション量子エレクトロニクス電子線ホログラフィー光エレクトロニクスコヒーレント光通信超長基線電波干渉計ロイ グラウバーインコヒーレンス重ね合せの原理ホログラフィー自動利得制御気体レーザーコヒーレント干渉(波)

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

干渉性の関連情報