コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平田神道 ひらたしんとう

大辞林 第三版の解説

ひらたしんとう【平田神道】

江戸後期、平田篤胤によって主張された神道説。儒仏を排し尊王復古を主張する学風は、幕末維新の思想に多大な影響を与えた。 → 復古神道

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の平田神道の言及

【平田篤胤】より

…11年師と仰ぐ宣長の学問にふと疑念を抱くという一種の回心を経験したことから,《古史成文》を撰し,《古史徴》の草稿を作り,《古史伝》に着手するなど,師説とはまったく異質な篤胤学の形成に努力を傾注した。国学をいちじるしく宗教化し,宇宙開闢論,幽冥信仰,因果応報思想などを取り入れて,平田神道ともいわれる神秘的な神学体系を作り上げたことに特色がある。そのために宣長学の文献実証主義からは大きく逸脱した。…

※「平田神道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平田神道の関連キーワード常磐井厳戈平田篤胤アレーニ古神道

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平田神道の関連情報