コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年季小作 ねんきこさく

大辞林 第三版の解説

ねんきこさく【年季小作】

年限を定めて農地を他に貸し付け、小作料を納めさせること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の年季小作の言及

【小作制度】より

…百姓寄合新田,町人請負新田などのような新田開発主による小作経営も名田小作の一種とみなすことが可能であり,近世中期以降に各地に新田地主が登場するようになる。普通小作には年季小作と無年季小作があり,年季小作は一定の年限をきって小作契約を結ぶものであり,無年季小作は年限を定めずに小作をすることである。また,永小作は小作地に対する小作人の権利が強く,無期永代の小作年季とし,永小作料が普通小作料よりも格段に低いもので,新田開発地にみられる小作形態である。…

※「年季小作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

年季小作の関連キーワード小作料小作年限農地

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android