コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延久宣旨枡 えんきゅうせんじます

世界大百科事典内の延久宣旨枡の言及

【宣旨枡】より

…延久年間(1069‐74)に後三条天皇の勅命によって制定された平安時代中期の公定枡。延久宣旨枡ともいう。律令制が崩壊していった平安時代に,荘園整理令と関連して採られた公定枡制定政策の所産である。…

【升∥枡】より

…また私的土地所有である荘園が各地に発展すると,各荘園独自に,租税貢納枡,領主枡,支払枡などが複雑に発達し,平安時代中ごろには多種の異量の私枡が使用されるに至った。諸国の非合法荘園の整理を行ったことで著名な後三条天皇は,延久年間(1069‐74)に乱れた枡を統一し,〈延久宣旨枡〉と称される公定枡を制定した。この枡はその後,宮廷,社寺などの枡として全国的な使用が認められ,鎌倉時代には京都市中の代表枡の地位を占めるに至った。…

※「延久宣旨枡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

延久宣旨枡の関連キーワード後三条天皇平安時代宣旨枡

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android