コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

延尭房賢清 えんぎょうぼうけんせい

世界大百科事典内の延尭房賢清の言及

【多聞院日記】より

…多聞院日記の称は,近世初頭より同寺大乗院において英俊の日記ほかを書写しはじめ,近世半ばに全46帖となし,各帖の表紙に〈多聞院日記〉と記したのによる。しかしこのうち〈文明十年日記〉〈文明十五年・文明十六年・文明十七年多聞院長実房英俊之記〉は学賢房宗芸の日記,〈永正二年乙丑・同三年丙寅日記〉は延尭房賢清の日記である。また〈天正八九十之記別会所記〉は別会五師宗栄の日記より同年の部分の抄写であるが,〈慶長四年日記〉〈元和二年丙辰・元和三年丁巳・元和四年戊午流覚記・玉蔵記〉とともにその筆者は不明である。…

※「延尭房賢清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

延尭房賢清の関連キーワード多聞院日記

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android