コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廻国修業 かいこくしゅぎょう

世界大百科事典内の廻国修業の言及

【武者修行】より

…各地を回って武術の修行をすること。戦国末期から江戸初期,および幕末に流行した。〈廻国修行〉ともいう。本来は諸国を回り,名のある使い手や道場を訪ねて,武術の修練やときには命がけで試合をするもので,戦国時代にはそれで仕官の口を探す者も多かった。また自流の宣伝や勢力拡大の目的もあったようである。このような修行の旅は,試合とは別に,空腹,疲労,寒暑などの困苦を克服せねばならず,人間的な鍛練もその目的であった。…

※「廻国修業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone