コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弁足 べんそく

大辞林 第三版の解説

べんそく【弁足】

鳥の足指(趾)の両側に弁状に膜が発達しているもの。カイツブリ科、ヒレアシ科、クイナ科オオバン属、シギ科ヒレアシシギ属などに見られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の弁足の言及

【水かき(蹼)】より

…カモ,カモメ,ミズナギドリなど),半蹼足semipalmate(指のつけ根の間に小さな水かきがある。多くの渉禽類(しようきんるい)),弁足lobate(各指に葉状の水かきがある。オオバン,カイツブリ,ヒレアシシギなど)の区別がある。…

※「弁足」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

弁足の関連キーワードアカエリヒレアシシギカイツブリオオバンヒレアシクイナ両側足指

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弁足の関連情報