コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弥生式土器 ヤヨイシキドキ

デジタル大辞泉の解説

やよいしき‐どき〔やよひシキ‐〕【弥生式土器】

弥生土器

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の弥生式土器の言及

【古代社会】より

…土器の形態もそうである。たとえば弥生式土器は縄文式土器の多くが深バチか浅バチの2種類に集中しているのに対して,壺,土ナベ,カメなどが主たる形態となっていて,このように器種が変化するのは弥生時代になって米の煮たきや貯蔵に対応して生じたものとされている。また稲を保存しておくために高床の倉庫がつくられるようになり,多量の稲や穀が備蓄されるようになったのである。…

【弥生土器】より

縄文土器に後続し,古墳時代の土師器(はじき)に先行する。1884年に東京本郷の弥生町向ヶ丘貝塚(弥生町遺跡)で採集された土器がもとになって,90年代から〈弥生式土器〉の名称が生まれた。最近では,細別するときに加曾利B式,遠賀(おんが)川式など〈式〉をつけるほうが明快だという考えから,総称としては〈式〉を抜いて〈縄文土器〉〈弥生土器〉の名が使われる。…

※「弥生式土器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

弥生式土器の関連キーワード三雲・井原遺跡朝日貝殻山貝塚中山 平次郎坪井 正五郎弥生町貝塚弥生町遺跡有坂 紹蔵坪井正五郎文京(区)須和田遺跡田舎館遺跡寺師 見国小林 行雄林 魁一伊場遺跡熱田貝塚弥生文化安満遺跡有坂鉊蔵唐古遺跡

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弥生式土器の関連情報