強制買収(読み)きょうせいばいしゅう

世界大百科事典内の強制買収の言及

【公用収用】より

…このほかにも,事業の種類,目的により,いくつかの種類の公用収用が認められる。たとえば,非常災害時に,緊急事態に対処するために,事前の手続を要せず土石その他の物品を収用する応急負担,地方鉄道等私人の経営する公共事業を国または地方公共団体の直営とするために,その企業経営権と施設物件に対する権利を強制取得する強制買収,都道府県知事が農地所有者に対して買収令書を交付して行う農地買収等である。公用収用については,近年〈公用〉概念の拡大傾向がみられる。…

※「強制買収」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

強制買収の関連情報