強化合宿(読み)キョウカガッシュク

大辞林 第三版の解説

きょうかがっしゅく【強化合宿】

運動競技などで、チームや選手の力をさらに強くするために行う合宿練習。 「オリンピックのための-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の強化合宿の言及

【合宿】より

…この意味で合宿は,もともと学生スポーツ界の用語として使われはじめ,明治末から大正期にかけて広く定着していったものと思われる。現在では,オリンピックをはじめとする各種のスポーツ大会のための強化合宿,プロ野球のキャンプ,大学のゼミ合宿,共同研究合宿,企業や官庁や宗教団体の研修合宿等々,さまざまの領域で合宿という方式が用いられるようになり,合宿の内容や機能も多様化している。 合宿の本来の機能は,訓練,教育,研究などの活動を集中的,組織的に行うことによって,その達成効果を高める点にあるが,同時に,参加メンバーの間の心理的連帯感を強めるという働きも大きい。…

※「強化合宿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

強化合宿の関連情報