コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強梗(硬)症 きょうこうしょう

世界大百科事典内の強梗(硬)症の言及

【カタレプシー】より

…昏迷状態のときにみられ,患者は受動的にとらされた姿勢を保ちつづけ,自発的に戻そうとしない。〈強梗(硬)症〉ともいわれるように,動かすときに抵抗が感じられる。これが高度になると,あたかも蠟人形を曲げるように,不自然できゅうくつな姿勢をとらせることもでき,〈蠟屈症〉とよばれる。…

【精神分裂病】より

…現存在分析を創始したスイスの精神医学者ビンスワンガーの主著で,1957年に単行本の形で刊行された。5例の精神分裂病のくわしい症例研究からなるが,30年代に著者が独自の人間学的方法を確立したのち,数十年にわたる臨床活動の総決算として44年から53年にかけて集成したもの。ここでは,分裂病は人間存在に異質な病態としてではなく,人間から人間へ,現存在から現存在への自由な交わりをとおして現れる特有な世界内のあり方として記述される。…

※「強梗(硬)症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

強梗(硬)症の関連キーワードカタレプシー

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android