コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強梗(硬)症 きょうこうしょう

世界大百科事典内の強梗(硬)症の言及

【カタレプシー】より

…昏迷状態のときにみられ,患者は受動的にとらされた姿勢を保ちつづけ,自発的に戻そうとしない。〈強梗(硬)症〉ともいわれるように,動かすときに抵抗が感じられる。これが高度になると,あたかも蠟人形を曲げるように,不自然できゅうくつな姿勢をとらせることもでき,〈蠟屈症〉とよばれる。…

【精神分裂病】より

…現存在分析を創始したスイスの精神医学者ビンスワンガーの主著で,1957年に単行本の形で刊行された。5例の精神分裂病のくわしい症例研究からなるが,30年代に著者が独自の人間学的方法を確立したのち,数十年にわたる臨床活動の総決算として44年から53年にかけて集成したもの。ここでは,分裂病は人間存在に異質な病態としてではなく,人間から人間へ,現存在から現存在への自由な交わりをとおして現れる特有な世界内のあり方として記述される。…

※「強梗(硬)症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone