コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

形原松平氏 かたのはらまつだいらうじ

世界大百科事典内の形原松平氏の言及

【亀山藩】より

…丹波国(京都府)桑田郡亀山に藩庁を置いた譜代中小藩。1579年(天正7)明智光秀が丹波攻略の拠点として,亀山城を築き城下町も建設した。光秀の死後羽柴秀勝,小早川秀秋,前田玄以らが在城したが,1609年(慶長14)岡部長盛が3万2000石で入封したのが藩の始めである。以後6大名が交替し,1749年(寛延2)松平(形原(かたのはら))信岑が丹波篠山より入封して8代ののち明治維新に至った。藩領は桑田・船井郡103ヵ村3万石,氷上郡8000石,備中玉島1万2000石の計5万石であった。…

【松平氏】より

…親忠の九男乗清を祖とする滝脇松平氏には駿河小島藩1万石の大名がある。さらに3代信光の四男与副を祖とする形原松平氏には丹波亀山藩万石,信光七男忠定を祖とする深溝松平氏には,肥前島原藩万5900石余,信光の八男光親を祖とする能見松平氏には豊後杵築藩3万2000石の大名がある。(2)家康の子孫で松平氏を称し幕末まで存続したのは18家であるが,家康次男秀康系の越前家8家は先述した。…

※「形原松平氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報