コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

形成期 けいせいき

世界大百科事典内の形成期の言及

【アメリカ・インディアン】より

… 中緯度の乾燥地帯の採集経済,とくにメソアメリカの植物利用のなかから,数千年の長い時間をかけて,トウモロコシ,マメ,カボチャを中心とする新大陸の農耕体系が形成され,中南米の各地域や北アメリカの一部に農耕が伝播していった。この農耕活動に特徴づけられるのが形成期Formative段階の文化である。形成期段階の文化を基盤にして,メキシコを中心とするメソアメリカと南アメリカのアンデス地帯に古代文明が成立し,やがて軍事的色彩を強め,16世紀のヨーロッパ人の渡来時には,アステカ,インカなどの古代帝国が栄えていた。…

※「形成期」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

形成期の関連キーワードジェムデット・ナスル遺跡チャビン・デ・ワンタルハーバート スピンデンレパルティミエントカミナルフユ遺跡ホープウェル文化ライフサイクルアンデス文明チャビン文化セロ・セチンパラカス文化ソルベー会議母子カプセルベンガル語実業之日本シュメール丹羽 邦男佐藤 誠朗ジョルダンアデナ文化

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

形成期の関連情報