コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

往生術 おうじょうじゅつ

世界大百科事典内の往生術の言及

【アルス・モリエンディ】より

…15世紀の西欧社会に普及した小冊子で,〈死亡術〉あるいは〈往生術〉の意。黒死病(ブラック・デス)と呼ばれる14世紀のペスト大流行の惨禍により,死と直面した人々は,ただいかに死ぬかということを考え,死に方の手引きが求められ,こうした小冊子が流行した。…

【死】より

…これらの〈往生伝〉は修行僧の伝記という体裁はとっているけれども,しかし考えようによっては,人間の死の準備,死の覚悟,死の方法,死の意識といった死にかんする理論と実践を,類型的に記述したものとしても読むことができるのである。そしてこれと対応する文献をヨーロッパ世界に求めるとすれば,中世末に,とりわけオーストリア,ドイツ,フランス,イタリアなどで書かれた〈アルス・モリエンディ(往生術)〉と総称される作品群をあげることができよう。この文献は大きく2種類に分けられる。…

※「往生術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android