コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤塗 ごとうぬり

大辞林 第三版の解説

ごとうぬり【後藤塗】

高松市で産する漆器。明治時代に後藤太平が創始。下地をつけず、素地きじに直接漆を塗るので剝落はくらくしにくい。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の後藤塗の言及

【香川[県]】より

…高松市を中心とした讃岐漆器は幕末に玉楮象谷(たまかじぞうこく)によって創始され,高松藩の保護下に発展,その伝統を生かした高級品志向で着実な地歩をえ,1976年伝統的工芸品の国指定を受けた。象谷塗,きんま,後藤塗など特殊技法を駆使し,人間国宝を何人も生み出している。一方,中世から手すき和紙の伝統をもち,大正時代から近代製紙工場になった高松の製紙業は不振である。…

※「後藤塗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

後藤塗の関連キーワード明治時代後藤太平香川漆器高松市創始漆器

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android