徐光範

朝日日本歴史人物事典の解説

徐光範

没年:建陽1(1896)
生年:哲宗10(1859)
朝鮮李朝末期の開化派政治家。日本語読み「じょ・こうはん」。金玉均,朴泳孝と共に開化派を結成し,明治15(1882)年に修信使随員として訪日した。高宗21(1884)年甲申政変に参加したが,挫折して日本に亡命し,やがて甥徐在弼(1866~1951)と共に渡米した。高宗31年甲午改革に際し帰国し,法部大臣,翌年学部大臣に任じた。朴泳孝と共に独自の改革路線を模索したが挫折した。その後駐米公使として赴任し,アメリカで死亡した。徐在弼は1886年にアメリカ市民権を取ったが,高宗32年末帰国し,翌年『独立新聞』を創刊して独立協会運動を支えた人物として知られる。光範も在弼もともに朝鮮の開化に尽力したが挫折した。<参考文献>姜在彦『近代朝鮮の変革思想』

(森山茂徳)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の徐光範の言及

【甲申政変】より

金玉均,洪英植,朴泳孝らは,士官学生や壮士を指揮して国王高宗と王妃の閔妃(びんひ)を守旧派から隔離させ,日本軍の出動を求めて護衛した。5日には開化派を軸とする新政府をつくり,6日には新しい政綱を発表したが,袁世凱が1500名の清軍を率いて武力介入すると日本軍は引き揚げ,孤立無援の開化派は,金玉均,朴泳孝,徐光範ら9名が日本,アメリカに亡命したほか,殺害または処刑された。甲申政変は,開化思想がまだ大衆を把握するまえの,開明的な少数エリートによる突出したクーデタに終わり,日本軍の出動を求めて国王を護衛したため,むしろ大衆の反日感情を爆発させた。…

※「徐光範」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android