御積島(読み)おしゃくじま

世界大百科事典内の御積島の言及

【飛島】より

…酒田港から定期船の便があり,春から秋にかけて磯釣りなどの観光客でにぎわう。島全体が鳥海国定公園に属し,西沖合約1kmの御積(おしやく)島とともにウミネコの繁殖地(天)で知られる。【中川 重】
[漁業と民俗]
 法木(ほうき),中村,勝浦の3集落とも,夏のイカ漁と冬のタラ漁を営んできたが,島内で収穫される米はわずか50石程度であり,江戸時代から行商船が米どころの庄内や由利地方(現,秋田県南西部)へ通う慣行があった。…

※「御積島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御積島の関連情報