微光暗視装置(読み)びこうあんしそうち

世界大百科事典内の微光暗視装置の言及

【暗視装置】より

…初期のものは赤外線で対象物を照らし,赤外線像を可視像に変換して観測するものである。その後50年代に,像の明るさを電子的に数万倍に増強する技術が開発され,星明りで物を見るスターライトスコープ(微光暗視装置)が出現した。物体は暗闇でも微弱な赤外線を発しているが,この赤外線を視認する技術が進歩し,68年ごろ,まったく照明なしに遠距離の物体も観測できる装置,FLIR(forward looking infrared)がアメリカで出現した。…

※「微光暗視装置」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android