微小土壌動物(読み)びしょうどじょうどうぶつ

世界大百科事典内の微小土壌動物の言及

【土壌動物】より

…しかし,このほかにも目につきにくい小さな動物,例えばダニ,カニムシ,コサラグモ,トビムシ,カマアシムシ,ハネカクシ,ヒメミミズ,センチュウ(線虫)などがたくさん生息しており,これらは小型土壌動物と呼ばれている。もっと小さなアメーバ,ミドリムシ,ゾウリムシなどの仲間も土粒の隙間のわずかな水の中にすんでおり,微小土壌動物と呼ばれる。以上の動物はすべて一生の間土壌中で生活するものであるが,セミ,コガネムシやアブ,ハエ,ガのあるもののように,卵や幼虫の時代だけを土中で過ごすものもある。…

※「微小土壌動物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android