コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徽州 きしゅう

1件 の用語解説(徽州の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徽州
きしゅう

「ショー (歙) 〔県〕」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の徽州の言及

【住居】より

…以下,漢族のものを中心として,顕著な地方的・民族的特色をそなえた住居と住宅について略述する。
[徽州の明代住宅]
 漢族の住宅遺構のうちでもとくに年代的に古く,明代から清代初期に建立のものが安徽省徽州地区に集中して残る。天井(てんせい)と称する中庭を囲んで2階建の主屋とわき部屋が立ち,周囲は高いしっくい塀で囲まれ,欄杆・格子・梁組みなどの文様・彫刻・彩色に素朴ながら特色を示す。…

【歙】より

…古く春秋時代から知られ,秦代には鄣郡に,漢代には丹陽郡に属した。隋代に歙州が置かれ,唐代に一時新安郡と改められたが,宋代には徽州となった。明・清時代には徽州府に昇格,府治を歙県に置き,休寧,婺源(むげん),祁門(きもん),夥(か),績渓の各県を統轄した。…

※「徽州」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徽州の関連情報