怒江リス族自治州(読み)どこうりすぞくじちしゅう

世界大百科事典内の怒江リス族自治州の言及

【雲南[省]】より


[少数民族]
 雲南省には,イ(彝),ペー(白),ラフ(拉祜)族など中国での大半の51の少数民族と,系統が未確定のクーツォン(苦聡)人やクームー(克木)人がおり,うち70%近くが山地に居住する。また,怒江リス(傈僳)族自治州,貢山トールン(独竜)族ヌー(怒)族自治県のように,その行政単位のなかで過半数を占める場合が多い。民国後も族長支配による制度が残り,国民党政権はこれを温存しさまざまな名目で税を課した。…

※「怒江リス族自治州」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android