コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急速ろ過 きゅうそくろか

世界大百科事典内の急速ろ過の言及

【浄水】より


[河川水や湖沼水の浄水]
 河川の上・中流部や湖沼からは比較的清澄なしかも人為汚染の少ない水を比較的多量に取水することができる。その浄水処理は,降雨時などに水を濁らす粘土コロイドや水中に生育する藻類プランクトンと天然由来の若干の汚染物の除去が対象となり,緩速ろ過方式と急速ろ過方式のどちらかの浄水方法が広く用いられている。両方式とも水中に懸濁する数μm~数十μm程度の微細な浮遊物の除去を主目的としている。…

※「急速ろ過」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

急速ろ過の関連キーワード浄水処理ろ過池

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android