コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怨霊物 おんりょうもの

世界大百科事典内の怨霊物の言及

【演劇】より

…その意味では,世阿弥も大和猿楽の伝統として指摘する〈鬼〉は,人間を超えた異形な力の発現であり,これは日本の芸能には限らないが〈聖なるもの〉を〈異形な力の発現(クラトファニー)〉としてとらえる観点に通じるものであり,共同体を外部から脅かすそのような力は,人間がその擬態・演戯をすることでその領分を限る必要があった。それが御霊神と結びつけば,まさにギリシア悲劇の始原的形態に近づくわけだし,江戸歌舞伎の荒事(あらごと)は〈御霊神〉としての曾我五郎の化身であり,さらに〈怨霊物(おんりようもの)〉は,能から歌舞伎を経て1960年代末のアングラ演劇まで,一つの系譜学を形作るほどである。 こうしてみると,日本演劇にも〈劇(はげ)しい力〉は遍在していて,ただそれが,古代ギリシアに発する西洋劇作術のごとく,人間と人間を超える運命の対立・葛藤であれ,個人と個人のそれであれ,分節・構築される視座と手段が異なった。…

※「怨霊物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android