コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悔恨の日

1件 の用語解説(悔恨の日の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

悔恨の日

英国の作家コリン・デクスターのミステリー(1999)。原題《The Remorseful Day》。「モース警部シリーズの完結編。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

悔恨の日の関連キーワードオックスフォード運河の殺人カインの娘たち消えた装身具キドリントンから消えた娘死者たちの礼拝死はわが隣人ジェリコ街の女謎まで三マイル別館三号室の男モース警部,最大の事件

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone