コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

意識減損発作(読み)いしきげんそんほっさ

世界大百科事典内の意識減損発作の言及

【精神運動発作】より

…癲癇(てんかん)学における旧用語であるが,現在でも使われることがある。狭義には癲癇国際分類(1981)の複雑部分発作のうちの自動症に相当し,広義には自動症と精神発作(レノックスW.G.Lennoxのsubjective seizureとpsychic seizure,ペンフィールドW.Penfieldのpsychical seizure)を合わせた概念として用いられ,さらに広義には,側頭葉癲癇とほぼ同義に,認知発作,感情発作,精神‐知覚発作,意識減損発作と自動症とを合わせた概念として用いられた。最広義の概念は国際分類の精神症状を伴う単純部分発作と複雑部分発作に相当する。…

【癲癇】より

…意識減損のない単純部分発作を示すものと意識減損のある複雑部分発作を示すもの,および,これから大発作に発展するものがある。(1)複雑部分発作 以前,精神運動発作といわれていたもののうち,意識障害の明らかな意識減損発作と自動症automatismをさす。意識減損発作は数十秒から1~2分のあいだ意識が消失する発作で,発作中は精神活動も身体活動も停止し,健忘を残す。…

※「意識減損発作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android